カテゴリー
ヘアケア

小学生の頃から嫌いだった「天然パーマ」

幼少期の写真を見ると3歳ごろまではサラサラストレートだった髪が、「天然パーマ」(以下、天パ)の母の遺伝子を受け継いでしまい、小学2年生頃からくせ、うねりが出始めた。天パの嫌なところは雨の日や湿気によってのボリュームアップ。前髪も左右に跳ね、少年アシベやナスビなど、同級生には色々とからかわれた。天パで悩む人の多くが施術経験があるであろう縮毛矯正。

プレミオールスターターセットは効果あり?私の口コミや販売店での市販状況などをレポート!

私が初めて受けたのは中学3年生(約25年前)午前に行って終わったのは夕方、とにかく時間がかかった。肝心のストレートはというと、写真に残っておらず記憶にも残ってないので、うまくいかなかったのだろう。

その後はまた天パに戻り、高校3年間、先生の身だしなみチェックで毎度天パと言うのが煩わしかったが、そのまま過ごした。

大学生になり、縮毛矯正も安価に提供している美容室が増え頻繁に施術するようになった。安さを求めるあまりパサパサになる失敗もあったが、30半ばまでストレートで過ごした。とにかく楽なうえ、サラサラな前髪があると若返り効果も抜群だった。ただ維持費は相当かかったであろう。

その後、年齢とともに白髪、髪の細さ、パーマやカラーでの頭皮への負担を心配しはじめ、現在は縮毛矯正を止め、前髪を伸ばし、白髪染めのみ施術することにした。最近ようやく、カット技術で天パでもボリュームを抑えてくれる美容師に巡り合えた。その方が、長年のあこがれショートヘアも可能と言ってくれたので、今後は天パを生かしたショートヘアを楽しむ予定。

天パを理解してくれる美容師への出会いが、長年の悩みを解決してくれる救世主になった。

カテゴリー
ヘアケア

終わりがない髪の悩み

髪に自信があったのは、十代の頃まで。つやつやサラサラのストレートで、ボリュームも程よかった。髪は、少しだけ自慢できた。それが、悩みに変わったのは二十歳を過ぎた頃。とにかく髪にボリュームが出てきた。おまけに、太い、硬い、うねる。ヘアスタイルを色々やってみた。

悪い口コミは本当?ノ・アルフレの感想を辛口評価でお届けします!

ロング、ショート、パーマ。トリートメントやスタイリング剤も色々試してみた。でも、髪の悩みはなくならないまま、月日は過ぎてゆく。数年前に、初めて縮毛矯正をやった。これだ、と思った。それまでのボリュームがすとんと落ち着いた。スタイリングも楽だった。もっと早く、縮毛矯正をやっていればよかったと思った。その時は…。縮毛矯正の効果があったのは、2回目くらいまで。3回目になると、縮毛矯正をかけているにもかかわらず、ボリュームが復活したのだ。

それだけじゃない、さらに剛毛になった気がする。髪を結ぶと、下に垂れ下がるのではなく、横に向かって立ってしまう。だから、結んでごまかすことすらできなくなった。シャンプー後にきちんとブローしても、翌朝には爆発している。何度縮毛矯正をかけても、もうダメだった。諦めるしかないと、縮毛矯正をやめた。

知人が、年をとれば髪は薄くなると言ったが、私にはまだその兆しがない。毎日髪との戦いを繰り返しながら、少しでもボリュームダウンしてくれる日を待ち望んでいる。

カテゴリー
ヘアケア

髪をクシでとかすと毎回毛先が引っかかる

シャンプーを変えたせいか、最近髪をクシでとかすと確実に引っかかる。

痛いし、とかし心地は悪いし最悪。トリートメントを最近していないせいか、髪質はパサパサになり指通りも悪い。当然、抜け毛も増えている。後頭部で泡を立て、前頭部に泡を持ってくるようにシャンプーするのが私のスタイルだが、前頭部を洗うとキシキシし、抜け毛が明らかに増えた。

シャンプー以外にも食生活や生活習慣、睡眠不足など様々な要因があるのだろうが、やはり一番の原因はシャンプーをかなり安いものに変えたことだと考えられる。

若い頃はシャンプーなんてなんでも良いやと思っていたし、ボディーソープで体も髪も一緒に洗ってしまったこともあった。しかし段々と年齢を重ねるにつれ、たかがシャンプー、されどシャンプー。

しっかりとしたものを使わないといけないと痛感している。私の父も前頭部に髪はなく、年相応の寂しい髪をしている。

遺伝なんだと諦める部分もあるが、まだ残っている髪を残したいと色々考えている。海藻をよく食べるようにした時期もあったし、色々な育毛剤を試したこともあった。白髪が少ないのは幸いだが、残った髪を残すため、髪質を太くするためにシャンプーや食生活、生活習慣などに気を遣い、髪を健やかに保ちたいと願っている。

カテゴリー
ヘアケア

髪のうねりが酷くて広がってしまう!

髪を染めたこともパーマを当てたこともありませんが、子どもの時から髪がパサパサでうねりが酷くて広がってしまいます!

乾燥しているのかと思い、ヘアミルクやヘアオイルなど色んなヘアケア商品を使ってみましたがほとんど改善されませんでした。

今年の夏は紫外線からのダメージも守ろうと、髪にスプレーを使って紫外線対策をしていました。

しかし、例年と対して変わらず髪は落ち着いてくれません。

美容室に行くたびに美容師さんに相談をしていますが、トリートメントなどをしてケアをしてくださいということだけしか言われません。

ネットにも頼ってたくさん調べて全て試してみましたが、改善されません。

改善はされませんが、今まで間違っていたケアの仕方もたくさん見つかりました。

髪のとかし方からトリートメントの付け方まで、細かい部分ですが知らなかった方法がたくさん見つかったので、今まで以上に丁寧にいつも通りのケアをしてみることにしました。

そうすると、これまでの信じられないくらいの髪の広がりやパサつきは少しなくなりパサパサではありますが、最低限の落ち着きは取り戻しました!

間違ったケアをしていると、ケアをしているつもりが髪を傷めつけるケアにもなりかねないことを実感しました。

カテゴリー
ヘアケア

髪がパサパサだと下品

綺麗な髪の女性は古代からの永遠の憧れです。

髪が綺麗なだけでなんとなく目で追ってしまうことはありませんか?

髪がパサパサな女性は上品には見えませんよね。

ガサツな印象や身嗜みに気を配らない人だと思われることは避けたい問題です。

毎日シャンプーしてコンディショナーしてキチンと乾かしてるのにバサバサ、、

そんな方は以下の点に気をつけてお手入れしていますか?

・セルフカラーを行なっている

市販のカラー剤は誰でも簡単に染められるように美容院のカラー剤より強い薬剤を使っているためダメージを起こしやすいです。

・シャンプーがしっかり洗い流せていない

健康な髪は健康な頭皮から。毛穴が詰まっていると髪がベタベタになってしまいます。

・自分に合わないヘアケア用品を使っている

1度ご自身のヘアケア用品を見直してみましょう。

自分の髪は乾燥気味なのか、細いのか。

髪質にあったヘアケア剤を使いましょう。

・髪が日焼けしている

肌と同様髪も日焼けします。スプレータイプな日焼けどめや帽子を使用しましょう

・ブリーチ後のケアがいつも通り

ブリーチ後の1週間はより髪が繊細です。いつもよりスペシャルケアを。ブリーチ髪用のヘアケア剤やトリートメントを行いましょう。

更に以下のケアを取り入れればよりきれいな髪に

・洗い流さないトリートメントを使う

ドライヤーの熱から髪を守ります。

・高めのドライヤーを使う

毎日使う物だからすこし良いものを。時短にも効果的ですよ。

・寝る時にナイトキャップをかぶる

あまり馴染みがないかもしれませんが寝てる間の摩擦から髪を守ります。

以上の点に気をつけて是非あなたもサラサラ美人に!

カテゴリー
ヘアケア

艶々の髪で印象アップ!

コロナウィルスの影響による在宅勤務の増加や、日常的なマスク着用で、すっかりスッピン生活が板についてしまった方も多いのではないでしょうか。

かくいうわたしも、近所へのお買い物に眉毛をちょちょっと書き足す程度の手抜きぶり。こんな生活が長引いてだんだんだらしない印象になってしまうのが悩みの種です。

マスクで顔の大部分が隠れてしまっている現在、他人から見たときに1番面積が大きいのが髪。

髪がツヤツヤしていれば、たとえノーメイクでも、”きちんとした人”という印象を与えることができるでしょう。

なによりツヤツヤの髪ならば、鏡に映った自分の姿に自信が持て、気分があがります。ボサボサ、パサパサ髪のカサカサ女が鏡に映っていたら落ち込んじゃいますよね。

外出自粛が緩和されるまえ、友人に「いまいちばん何をしたい?」と聞いた時にも、「髪がボサボサではやくカットしたい」「根本が伸びまくっているのでいますぐカラーリングしたい」という声が多かったです。女性が日常生活をイキイキと過ごすためにも、髪がキレイであることは大きなことだとわかります。

ツヤツヤな髪にするために、しょっちゅうヘアサロンに行って、プロの手でリッチなトリートメントをしてもらえたら理想的ですが、毎日のお手入れを少し丁寧にすることでも美髪に近づけるはずです。

・シャンプー前に丁寧にブラッシングをして汚れを浮かしつつ頭皮マッサージ

・シャンプーをつけるまえにぬるま湯で汚れを落とす

・地肌に爪を立てないよう、指の腹で優しく洗う

・トリートメントは地肌につけないように塗布、毛先によくなじませる

・すすぎはとにかくしっかり

・濡れた髪は放置せずにドライヤーで手早く乾かす

・アフターバスのオイルトリートメントで乾燥対策

あたりまえのことを丁寧に、自宅時間の多いいまこそ見直しています。

わたしはブラッシングにはちょっと高級な豚毛のブラシを使っていますが、丁寧にとかすだけでツヤもでますし、ちょっとした寝癖も落ち着くので重宝しています。

キレイでツヤのある髪は、全体の印象をアップしてくれる大切な要素。誰に見せなくても、自分自身の気持ちを上げてくれるますし、お手入れ自体が自分への癒しにもなります。やって損することはありません、今日から早速はじめましょう!