カテゴリー
ダイエット

無理しないプチダイエット

私は昔から下腹部と太ももが異常に肉が付いていて、水着なんて着ようものなら身体のバランスが悪すぎてどんな水着でも似合わないものでした。だけども膝から下、肘から下は何故か割と細く(なのでホント格好悪い身体)、服を着てしまえば何とかなっていました。

そんなどうにか見える身体だと横着な性格も手伝ってダイエットも真剣に出来ず、見えなきゃいいんじゃ?と思っていました。そうすると加齢と共に意識すればへこんでいた下腹部がへこまなくなるほど脂肪が固くなってきて、さすがにこれはヤバいと感じ、友人に教わって始めたのが8の字運動です。

腰を横に8の字を描きながら40回。逆回しでまた40回するだけです。劇的に細くなるわけではないけど、寝る前に無理なく続けられていつの間にか脂肪も硬くなくなり、下腹部はへこませば平らになる位になりました。

ホントはもっと腹筋やウォーキングなどを頑張れば変わってくると思います。しかし時間に追われ、特別な思いがないとなかなか実行に移すのは難しく、であればせめて少しでも毎日コツコツと続けられる方がいいのかと思い、自分では納得して頑張らないダイエット的な感じでこれからも続けていきたいと思っています。

カテゴリー
ヘアケア

髪をクシでとかすと毎回毛先が引っかかる

シャンプーを変えたせいか、最近髪をクシでとかすと確実に引っかかる。

痛いし、とかし心地は悪いし最悪。トリートメントを最近していないせいか、髪質はパサパサになり指通りも悪い。当然、抜け毛も増えている。後頭部で泡を立て、前頭部に泡を持ってくるようにシャンプーするのが私のスタイルだが、前頭部を洗うとキシキシし、抜け毛が明らかに増えた。

シャンプー以外にも食生活や生活習慣、睡眠不足など様々な要因があるのだろうが、やはり一番の原因はシャンプーをかなり安いものに変えたことだと考えられる。

若い頃はシャンプーなんてなんでも良いやと思っていたし、ボディーソープで体も髪も一緒に洗ってしまったこともあった。しかし段々と年齢を重ねるにつれ、たかがシャンプー、されどシャンプー。

しっかりとしたものを使わないといけないと痛感している。私の父も前頭部に髪はなく、年相応の寂しい髪をしている。

遺伝なんだと諦める部分もあるが、まだ残っている髪を残したいと色々考えている。海藻をよく食べるようにした時期もあったし、色々な育毛剤を試したこともあった。白髪が少ないのは幸いだが、残った髪を残すため、髪質を太くするためにシャンプーや食生活、生活習慣などに気を遣い、髪を健やかに保ちたいと願っている。

カテゴリー
ヘアケア

髪のうねりが酷くて広がってしまう!

髪を染めたこともパーマを当てたこともありませんが、子どもの時から髪がパサパサでうねりが酷くて広がってしまいます!

乾燥しているのかと思い、ヘアミルクやヘアオイルなど色んなヘアケア商品を使ってみましたがほとんど改善されませんでした。

今年の夏は紫外線からのダメージも守ろうと、髪にスプレーを使って紫外線対策をしていました。

しかし、例年と対して変わらず髪は落ち着いてくれません。

美容室に行くたびに美容師さんに相談をしていますが、トリートメントなどをしてケアをしてくださいということだけしか言われません。

ネットにも頼ってたくさん調べて全て試してみましたが、改善されません。

改善はされませんが、今まで間違っていたケアの仕方もたくさん見つかりました。

髪のとかし方からトリートメントの付け方まで、細かい部分ですが知らなかった方法がたくさん見つかったので、今まで以上に丁寧にいつも通りのケアをしてみることにしました。

そうすると、これまでの信じられないくらいの髪の広がりやパサつきは少しなくなりパサパサではありますが、最低限の落ち着きは取り戻しました!

間違ったケアをしていると、ケアをしているつもりが髪を傷めつけるケアにもなりかねないことを実感しました。

カテゴリー
ヘアケア

髪がパサパサだと下品

綺麗な髪の女性は古代からの永遠の憧れです。

髪が綺麗なだけでなんとなく目で追ってしまうことはありませんか?

髪がパサパサな女性は上品には見えませんよね。

ガサツな印象や身嗜みに気を配らない人だと思われることは避けたい問題です。

毎日シャンプーしてコンディショナーしてキチンと乾かしてるのにバサバサ、、

そんな方は以下の点に気をつけてお手入れしていますか?

・セルフカラーを行なっている

市販のカラー剤は誰でも簡単に染められるように美容院のカラー剤より強い薬剤を使っているためダメージを起こしやすいです。

・シャンプーがしっかり洗い流せていない

健康な髪は健康な頭皮から。毛穴が詰まっていると髪がベタベタになってしまいます。

・自分に合わないヘアケア用品を使っている

1度ご自身のヘアケア用品を見直してみましょう。

自分の髪は乾燥気味なのか、細いのか。

髪質にあったヘアケア剤を使いましょう。

・髪が日焼けしている

肌と同様髪も日焼けします。スプレータイプな日焼けどめや帽子を使用しましょう

・ブリーチ後のケアがいつも通り

ブリーチ後の1週間はより髪が繊細です。いつもよりスペシャルケアを。ブリーチ髪用のヘアケア剤やトリートメントを行いましょう。

更に以下のケアを取り入れればよりきれいな髪に

・洗い流さないトリートメントを使う

ドライヤーの熱から髪を守ります。

・高めのドライヤーを使う

毎日使う物だからすこし良いものを。時短にも効果的ですよ。

・寝る時にナイトキャップをかぶる

あまり馴染みがないかもしれませんが寝てる間の摩擦から髪を守ります。

以上の点に気をつけて是非あなたもサラサラ美人に!

カテゴリー
ヘアケア

艶々の髪で印象アップ!

コロナウィルスの影響による在宅勤務の増加や、日常的なマスク着用で、すっかりスッピン生活が板についてしまった方も多いのではないでしょうか。

かくいうわたしも、近所へのお買い物に眉毛をちょちょっと書き足す程度の手抜きぶり。こんな生活が長引いてだんだんだらしない印象になってしまうのが悩みの種です。

マスクで顔の大部分が隠れてしまっている現在、他人から見たときに1番面積が大きいのが髪。

髪がツヤツヤしていれば、たとえノーメイクでも、”きちんとした人”という印象を与えることができるでしょう。

なによりツヤツヤの髪ならば、鏡に映った自分の姿に自信が持て、気分があがります。ボサボサ、パサパサ髪のカサカサ女が鏡に映っていたら落ち込んじゃいますよね。

外出自粛が緩和されるまえ、友人に「いまいちばん何をしたい?」と聞いた時にも、「髪がボサボサではやくカットしたい」「根本が伸びまくっているのでいますぐカラーリングしたい」という声が多かったです。女性が日常生活をイキイキと過ごすためにも、髪がキレイであることは大きなことだとわかります。

ツヤツヤな髪にするために、しょっちゅうヘアサロンに行って、プロの手でリッチなトリートメントをしてもらえたら理想的ですが、毎日のお手入れを少し丁寧にすることでも美髪に近づけるはずです。

・シャンプー前に丁寧にブラッシングをして汚れを浮かしつつ頭皮マッサージ

・シャンプーをつけるまえにぬるま湯で汚れを落とす

・地肌に爪を立てないよう、指の腹で優しく洗う

・トリートメントは地肌につけないように塗布、毛先によくなじませる

・すすぎはとにかくしっかり

・濡れた髪は放置せずにドライヤーで手早く乾かす

・アフターバスのオイルトリートメントで乾燥対策

あたりまえのことを丁寧に、自宅時間の多いいまこそ見直しています。

わたしはブラッシングにはちょっと高級な豚毛のブラシを使っていますが、丁寧にとかすだけでツヤもでますし、ちょっとした寝癖も落ち着くので重宝しています。

キレイでツヤのある髪は、全体の印象をアップしてくれる大切な要素。誰に見せなくても、自分自身の気持ちを上げてくれるますし、お手入れ自体が自分への癒しにもなります。やって損することはありません、今日から早速はじめましょう!